友達以上恋人未満から抜け出す方法とは!

友達以上恋人未満という間柄に満足していない場合は、意識的に関係性を変えていくことが大切です。
これまで通りに振るまっていると、いつまで経っても関係性は変わりません。
相手が自分のことを異性として見ていないと感じたら、自分と恋人同士になった後のことをイメージさせてみましょう。
イメージさせるだけなら、それほど難しくはありません。
2人で過ごしているときに、相手がそのような心理になるように誘導することがポイントです。

何気ないコミュニケーションのなかに、自分たちが恋人になった場合の仮定の話を盛り込んでいきます。
そのような話を聞くと、頭の中で恋人として過ごしている2人をイメージすることになるからです。
一度でもそのようなイメージを持つと、そう簡単には払拭できません。
あまり連続で仮定の話をすると、怪しまれて失敗しかねないので注意が必要です。
急に馴れ馴れしくするのも良くありません。

あくまでも友達のような距離感を保ちつつ、ほどよいタイミングで世間話のように軽く話すようにしましょう。
最初は効果がなくても、次第に異性として意識しはじめる可能性があります。
一向に効果が現れない場合は、異性としての魅力をアピールすることも検討してください。
そう言われても、すでに友達のような関係性が定着している場合は、恥ずかしいと感じる可能性があります。
露骨なアピールをするのに抵抗がある人は多いです。

その場合はさりげないアピールを心がけるのが基本です。
服装を相手の好みのものに変えたり、いつも以上に気遣いをしたりする方法があります。
相手が敏感なタイプであれば、そのような細かな変化にも気づくはずです。
それと同時に、異性として強く意識し始める可能性は十分あります。
自分を見る目が変わったように感じたら、相手はすでに恋愛モードの入口まで来ているかもしれません。
相手が鈍感なタイプなら、もう少し直接的なアプローチが必要になります。

これまで褒めたことがないのであれば、良いところを探して褒めることも有効な方法です。
戸惑わせることになるかもしれませんが、それによって従来と何か違うと感じさせることが非常に重要です。
2人の関係性を見つめ直すきっかけを与えることになるでしょう。
自分の良い点を認められると、褒めてくれた人の良い点を探そうとする心理が働くことにも注目です。
これまで気付いてもらえなかった異性としての魅力を見出してもらえるかもしれません。